業務時間分析

近年の労務管理では「残業時間削減」や、「ワークライフバランス」がキーワードになっています。

しかし、業務時間中に社員がどんな仕事をしているのか、労働時間の「質」にはあまり
言及されているとは言えません。

 

「お客様請求できる時間」「今日の収益に関する時間」「将来のための時間」など、費やしている時間の内訳を把握することで、より生産性を高める打ち手が見えるようになります。

また、案件別、顧客別等で、かかっている労働時間を把握することもできますので、「手のかかるお客様」や「手離れの良い案件」が見えるようになります。
これらの情報を把握することで、値上げをすべき案件や、撤退する案件が何か判断することもできるようになります。

業務時間分析_1

案件別・顧客別に費やした時間を把握でき、今後の価格改定やサービスレベルの見直しの材料になります

業務時間分析_3

担当者別に生産的に時間を費やしているか把握します

 

 

弊社の業務時間分析ツールはエクセルで作成しますので、特殊なソフトのインストールは不要です。また、業務の分類についても、貴社の実態に合わせてカスタマイズできることも特長です。

業務時間分析_5

業務時間の分類はカスタマイズ可能です

業務時間分析_4

入力はエクセルを使用しているため、ネットワーク環境や専用ソフトのインストールは不要です