研修・セミナータイトル一覧

HE160_350A

ヒューマンイノベーション株式会社は、貴社のニーズや状況に応じた、カスタマイズ可能なアセスメント・研修を提供しています。

 

コミュニケーション系研修

気付き力向上研修

貴社の社内と取引先との「信頼残高」はどのくらいありますか?

ビジネスで価格ではなく、スピードや品質で勝負していくためには、昭和的なトップのリーダーシップだけでは十分ではありません。
会社の社内の意思の疎通を高め、お客様との関係も「あなたから買いたい」と思っていただけなければなりません。

しかし、いざ「提案営業」や「ソリューション営業」と言ってもいきなりできるものではありませんし、「社内の風通しを良くしよう!」と言っても、具体的に何をすれば良いのか戸惑ってしまいます。
「気付き力向上研修」は、そういった、人として最低限必要な「相手を知る」「自分なりに考える」「考えた内容を相手に提案する」というビジネスパーソンに必要不可欠なスキルを学んでいくワークショップです。

「気付き力向上研修」を実践していくことで、社内と取引先の風通しを良くしていく研修です。

「気付き力向上研修」の詳細ページへ

気付き力向上研修

 

ボディランゲージと微表情の使い方

ポーカーフェイスという単語がありますが、微表情学という学問の研究結果では、人種・性別等に関わらず、どんなに内心を隠そうとしても、人間は無意識に感情を表情に現してしまう動物であるということが分かっています。
言外の感情を読み取ることで、コミュニケーションを円滑に進めていくことができるようになります。
このセミナーでは、コミュニケーションを円滑に進める、微表情の見抜き方やボディーランゲージの意味を学んでいきます。

「ボディランゲージと微表情の使い方」の詳細ページへ

ボディランゲージと微表情の使い方

 

パワハラと言われない「叱り方・伝え方」

近年パワハラが話題になりがちで、部下を叱ることに躊躇しがちです。一方で、業務を遂行し職場の秩序を維持するには、部下に対して指導をしていかなければなりません。
二律背反する状態の中で、「どうやって叱っていけば良いか」、コーチングの技法を応用した叱り方を学んでいきます。

このセミナーでは、「怒り」と「叱る」の違い、称賛と承認の違い、質問の仕方を学んでいきます。

「パワハラと言われない”叱り方・伝え方”」の詳細ページへ

パワハラと言われない「叱り方・伝え方」

 

ソーシャルスタイルを活かした“言い方ひとつ”のテクニック

人には、「ソーシャルスタイル」と呼ばれるコミュニケーションのクセがあります。
クセに応じた言い方・伝え方ができるだけで、自分の意見や提案が伝わりやすくなるだけでなく、「あの人は分かってくれる」と信頼残高も高まります。

このセミナーでは、相手の言動や体の動きからソーシャルスタイルを識別する方法とソーシャルスタイルごとの言い方・伝え方を学んでいきます。

「ソーシャルスタイルを活かした“言い方ひとつ”のテクニック」の詳細ページへ

ソーシャルスタイルを活かした“言い方ひとつ”のテクニック

 

 

労務コンプライアンス研修

「ブラック企業」と誤解されないための労務管理

未払残業問題など、近年「ブラック企業」が話題になっています。
実は、世間一般の感覚と、労務管理に関する法律の内容に相違があります。正しいだろうと思って運用していても、実は法律違反になっており、意図せずブラック企業と後ろ指をさされてしまうこともあります。

セミナーでは、こういった「ウッカリ」でブラック企業と言われないように、ありがちな落とし穴を、クイズ形式で勉強していきます。

「”ブラック企業”と誤解されないための労務管理」の詳細ページへ

「ブラック企業」と誤解されないための労務管理

 

 

セクハラ・パワハラセミナー

昨今では、ハラスメント問題は大きな問題になっており、会社としても従業員に対して教育をしていく必要があります。

弊社のセクハラ・パワハラセミナーでは、社労士事務所のノウハウを活かし、法律や裁判例の観点から解説をしていきます。
また、日常の業務に接続できるよう、言い方・伝え方に関する実習を含めている点も特長です。

「セクハラ・パワハラセミナー」の詳細ページへ

セクハラ・パワハラセミナー

 

 

 

労務管理研修[実務担当者向け]

労働時間の基礎知識

労働時間は、1日8時間、週40時間であることは誰もが知っています。
しかし、労働時間の解釈の仕方、管理の方法、割増賃金の計算方法が誤っていると、正しい労働時間を算出することができず、未払残業問題のリスクとなります。
「何が労働時間となるのか?」、「どのように労働時間を管理すれば良いか?」、「日々の業務では、どのような点を気を付ければ良いのか?」を学んでいきます。

「労働時間の基礎知識」の詳細ページへ

労働時間の基礎知識

 

変形労働時間制の基礎知識

労働時間の管理の手法として、変形労働時間制という制度が法律で認められています。
しかし、内容の敷居が高く、また不適切に運用されていると、トラブルに発展するリスクもあります。

このセミナーでは「1年単位の変形労働時間制」「1か月単位の変形労働時間制」「フレックスタイム制」の基本的な知識と労働時間の計算方法を勉強していきます。

「変形労働時間制の基礎知識」の詳細ページへ

変形労働時間制の基礎知識